2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミュージアムトーク

ミュージアムトークのお知らせです。

7月27日(土)
13:30~15:00

テーマ「鎧(よろい)と具足(ぐそく) 同じ・違う?」
front[1]
講師:島田真祐(館長)
※入館料が必要です(要予約)
皆様のご参加をお待ちしております。



今回の展示は久し振りに甲冑がたくさんでておりますので、迫力ある展示となっております。

そんな展示品の中からユーモラスな作品をご紹介させていただきます。

「単騎要略 被甲弁」
村井昌弘著 

享保14年(1729)刊 5巻2冊 木板本

戦がなく平和な時代が続きますと、甲冑を着用する機会がありません。数代続くと甲冑の着用の仕方などが分からない武士がでてきたそうです。そこで甲冑研究が始められ、甲冑に対する本が出版され、着用法を知らない武士への指導書(今でいうところの取説・マニュアルでしょうか)ができました。こちらは、図解入りで比較的詳しいのは南伊勢の住人村井昌弘著の「単騎要略」被甲弁5巻。
褌帯(ふんどし)をしめるところからはじまり、いざ!完成までを数回にわけてご紹介します。
名称未設定-1
「褌帯」は「ふんどし」と読みます。首からかけて腰でひもを結び首にかけたひもをぱらりと下げれば出来上がり。古式ゆかしい殿方の下着の付け方から。
小袴はまるで昨今流行りの「サルエルパンツ」のようですね。





スポンサーサイト

| 教養講座 | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今後のお知らせ

7月のギャラリーのお知らせです。
暑い日が続いておりますが、皆様のお越しをお待ちしております。

7月18日(木)~22日(月)
萌樟(ほうしょう)木工芸展

馬場勝としWEB用
古くから親しまれてきた木を使い、現代の生活にちょっとしたゆとりを得られるようなものづくりから生まれる作品の数々。地元のクスノキを使った小振りなテーブル、トレーやオブジェなどを展示販売する。作品点数約:100点

馬場勝とし :1970.7.3生まれ 
2000年、木工芸をはじめる。
主に地元のクスノキを使った工芸品・家具・オブジェ等製作しています。



7月19日(金)~22日(月)
安井建二陶展

安井建二WEB用
穴窯による焼締の作品約30点。鎌倉時代に始まる蹲*(うずくまる)をメインに自分なりの新古典主義を目指した。
*農家で種壷などして使われ、人が蹲っている姿から「蹲」と名付けられ茶人により茶室の花入れに転用された。作品点数約30点



7月19日(金)~21日(日)
小川洋一 陶展  - アメリカン Raku

小川洋一
楽焼というと日本ではお茶碗のイメージが強いのですが、欧米ではRaku(楽焼)は
焼成が比較的短時間だからでしょうか、ポピュラーな陶芸の技法のひとつとなっています。また、新しい楽焼の技術も欧米の作家によっていろいろと考案されています。
今回そういった技術の一部を使い、アメリカンRakuの作品を制作・展示いたします。
展示点数:約200点

略歴
昭和40年 熊本に生まれる
昭和59年 熊本県立済々黌高等学校卒業
昭和63年 大阪芸術大学陶芸科卒業
平成6年 西日本陶芸展入選
平成7年 西日本陶芸展奨励賞
平成11年 日本陶芸展入選
平成12年 アメリカ留学(九州電力若手工芸家派遣制度)
国内外で個展多数開催





7月25日(木)~29日(月)
-うつす-林典子写真展

林のりこWEB用
なにげない日常の一瞬をうつしとる。まるでクロッキーをするような写真。作品点数約30点

●プロフィール
2011 モダンアート展 二人展、羅針盤
2011 モダンアート展 島田美術館開催
2012 二人展開催



7月25日(木)~29日(月)
市山富美子 陶展

市山富美子
花器を中心に、日々のくらしを彩る、使い勝手のよい一点ものを目指して様々に焼き上げました。
●略歴
長崎県壱岐生まれ
1998年:九州産業大学芸術学部卒
2000~2010年:天草丸尾焼窯元にて修行
2010年:天草五和町に「市山くじらや」開窯。併設ギャラリーの他、多数のイベント、
個展などで活動中

作品点数:約300点

| ギャラリー展示 | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小川洋一さんのワークショップ‘Raku Firing

楽焼というと日本ではお茶碗のイメージが強いのですが、
欧米ではRaku(楽焼)は焼成が比較的短時間だからでしょうか、
ポピュラーな陶芸の技法のひとつとなっています。
また、新しい楽焼の技術も欧米の作家によっていろいろと考案されています。

今回 Raku の技法を取り入れた作品を島田美術館ギャラリーで紹介する個展にあわせて、
ワークショップも行いました。

第1日目が成形
第2日目が焼成

その1日目
DSC03006.jpg
楽焼の歴史とデモンストレーションを行う小川さん
DSC03012.jpg
イメージをカタチに立ち上げるのは意外と難しい・・・
DSC03015.jpg
この猛暑で短時間で程よく乾燥させた後、様々な道具を使ってさらにカタチを整えて
DSC03016.jpg
それぞれ自分の可愛い分身ができました!

きたる7月20日(土)に素焼きした今回の作品に釉薬をかけて焼きます。
さあ、どんな窯変がみられるのか 今から楽しみです。
楽焼にご興味のある方は、
小川さんの個展とあわせて、ご見学ください。

小川洋一 陶展 アメリカンRaku
7月19日(金)- 21日(日)
*20日(土)Raku ワークショップ 開催中 

| イベントのご案内 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。