2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篆刻ワークショップ

本日は篆刻ワークショップでした。
DSC02997.jpg
DSC02998.jpg

午前の部と午後の部に分かれて。
はじめての方から、学生の頃授業でやったことがある方まで。
みなさん熱心に参加していただきました。
DSC03001.jpg

今回はかわいいお客様も。
DSC03002.jpg
お母様が彫った今や大人気くまもんの印。
「もん!もん!」っと喜んでいらっしゃいました。

篆刻といえば、文字しか彫ってはいけないように思われがちですが、
イラストも良いのです。
DSC03003.jpg
夏休みにはお子様も参加できる篆刻ワークショップを考えておりますので。
是非ご期待下さいませ。
スポンサーサイト

| 教養講座 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

展示替え休館のおしらせ

本館展示は、7月10日より「大鎧と具足」展となります。
つきましては7月1日(月)~7月9日(火)休館させていただきます。

なお、カフェ木のけむりは、7月2日・3日休業のほか、通常営業いたします。front[1]

日本の甲冑史における変遷を、
関係資料とともに大鎧・胴丸・腹巻・当世具足とたどります。

解説をかねたミュージアムトークも開催します。
お気軽にご参加ください。
日時:7月27日(土)13:30~15:00
テーマ:鎧と具足 同じ・違う?
     *入館料が必要です(要予約096-352-4597)

| ギャラリー展示 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨の晴れ間に

梅雨の晴れ間にセミの声をききました
梅雨明けも近いのでしょうか

986.jpg
©HAYASHI NORIKO

7月に個展をひかえた林典子さんが、
展示イメージを固めに会場の壁とにらめっこ
迷える林さんの格好よい足元を盗撮(バレてましたけど・・・)
DSC02995_20130629110228.jpg



シマビー:「画家林さんがなぜに写真展?」

林:「散歩をするきっかけにカメラを相棒にしたら楽しくてね

写真はそこにあるまんまの情景に、自分のなかのなんかがひっかかったときにシャッターを押してる。それを眺めてみると、なんて私は、何でもないものが好きなのか!

なーんにもない空
なーんでもない水たまり

無意識の妄想の世界なんだけど、あっと思うシーンを私に見せてくれたんだと思える一瞬があるとたい

そうするとたわいもない一日のうちの一瞬の情景を慈しむ気持ちになる」

クロッキー的にシャッターをおす

一ヶ月後ではありますが、
真夏のギャラリーでの林さんの写真展 お楽しみに。

ーうつすー 林典子写真展  (ギャラリー入場無料)
 7.25(木)ー29(月)

| ギャラリー展示 | 11:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏のブタ展

蚊やりブタのお勤めはしばしお休みして、空梅雨にやっとふった雨を仰ぐブタくんたち。

素焼きの磁器に鉄分を含む顔料を塗って焼くことで陶器のような質感。
耳、鼻、目から蚊取り線香のけむりを出して働きます。
DSC02990.jpg
白い器もあります
DSC02991.jpg
DSC02992.jpg

6月13日-17日
蔵々窯 夏のブタ展 (ギャラリー蔵にて入場無料)

| ギャラリー展示 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

板井栄雄展2013

40代の頃旅したヨーロッパで出会った景色や人々を中心に70点余りの作品が並びました。

青い空に白い山肌が映えるアルプスやドイツの街角など色鮮やかに表現。
上品な老婦人や公園の王様など、独特のユーモアでとらえた人物は、
また違った画風で楽しめます。


DSC02986.jpg

DSC02974.jpg

DSC02977.jpg

最近では板井さんといえば、情報誌「すぱいす」の「松寿庵先生 れき女の江戸ばなし」の挿絵を担当されているイタヤーノ氏としてご存知の方も多いはず。

板井栄雄展 
6月13日-23日 ギャラリーにて(入場無料)

| ギャラリー展示 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刻を撞く作家達 4人展

文字色斎藤高志+栗本夏樹+清水六兵衛+武田浪の関西勢4人展

深い愛情をもって育てた草花を型染作品にした斎藤高志
DSC02955 - コピー
手紬の糸で織られたタペストリーは、
裏から幾重かに染められ、平面ながら奥行きを感じる美しさです。


今の暮らしに寄り添う漆の新しい可能性を求めて創作活動が注目される栗本夏樹
DSC02958 - コピー
段ボールを使った壁面作品や花入れ、テーブルを彩る器などで、
「うるし」に対する見るものの固定観念を揺さぶります。


彫刻的!端整!
江戸時代中期から続く清水六兵衛8代目。
DSC02969.jpg
伝統に裏うちされた確かな現代感覚作品を前に
自然と背筋が伸び、歴史の先端に触れることができる幸せを感じる陶立体、器です。


みるものを圧倒する武田浪の作陶
DSC02959 - コピー
琵琶湖周辺の良質の土を使った、その名も「鬼が島」シリーズの器に、
さまざまな景色が見えます。


2013年5月31日(金)~6月9日(日) 
  10:00―17:00 ※火曜休
 
同時開催:ギャラリー楓 Foo 11:00-18:00 ※月・火曜休
     〒862-0954熊本市中央区神水1-14-23
     TEL 096-382-8320


雨の外出もまた風情あるものです、ぜひお出かけください

| ギャラリー展示 | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。