2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うれしいおたより

9月1日からの展覧会「合戦絵の世界」への展示替えを
ばたばたと行っていたスタッフのもとに、
こんなかわいいハガキが届きました。
写真
夏休み中開催の「ぶしとむし」展を
おかあさんと見に来てくれたオトコの子。

展示替えの疲れが飛んできました。
こちらこそありがとうです!!!

島田美術館本館展示ポスター - コピー
秋は美術館の庭で、たくさんのドングリが降るように落ちてきます。
また遊びにおいでね。


スポンサーサイト

| スタッフ記 | 18:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

展示替え休館のお知らせ

武士と昆虫の意外なつながりを楽しんでいただいた
夏休み企画「ぶしとむし」展も終了。
front_20120826231927.jpg

8月27日ー31日は、展示替え休館となります。
9月1日より始まる「合戦絵の世界」どうぞ宜しくお願いいたします。
尚、カフェ木のけむりは8月29日より通常営業しております。

| 本館展示 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その名もサギソウ

DSC02563_20121017172444.jpg

シラサギが翼を広げた姿を想わせる白い花。
美術館の庭の一角にある小さな湿地に、
ことしも無事ひっそりとサギソウが花をつけました。

開発による自生地の減少で、
自生状態は希少な姿ということ。

この湿地は再開館(H19)のときに、
地球温暖化防止にほんの一刺しでも、という思いで作ったものです。
そこにサギソウの花を毎年見ることができるたびに、
自然に対する畏敬の念を忘れてはいまいかと
自問せずにはいられません。

| スタッフ記 | 12:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GANKO展スタート

8月22日よりギャラリーにてご紹介するのは、
「galleryアトリエマティス」から店名を変更し移転した「なかお画廊」オープン記念企画です。

DSC02552.jpg

熊本ゆかりの作家と仲間たち18名の頑固なまでにおのれの一途な想いを込めた作品が並びます。
なかお画廊と島田美術館の両会場でお楽しみください。

なかお画廊:8月22日~9月2日
島田美術館:8月22日~26日

〇御子柴大三選

 浅野紋子(千葉) 浅見哲一(埼玉) 麻生知子(東京) 糸山清重(熊本) 

 近藤克美(福岡) 武内明子(熊本) 打 木(東京) 立木美江(福岡) 

 中佐藤滋(東京) 平澤重信(長崎) 古田恵美子(北海道) 

 森本秀樹(愛媛) 山下三千夫(鹿児島)

〇なかお画廊選

 有田 巧(熊本) 伊東浩一(東京) 林典子(熊本) 

 森本猛(熊本) 森内和久(熊本) 

DSC02558.jpg DSC02556.jpg
   DSC02550.jpg
DSC02547.jpg DSC02548.jpg


| ギャラリー展示 | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日ワークショップ日和!その2 吹きガラス体験

暦の上では「立秋」を過ぎてしばらく。
暦と体感的な季節感がもっともずれる時期だけに、
無理して「秋」の気配を探そうと努めます。

ですが、あえてこの暑いときに暑いことに飛び込む。。。
吹きガラス体験をされる強者の方、多数です。
恐れ入ります。

今日はお昼からご兄弟お友達で5人の小学生のかわいいチャレンジャーが登場。
一番お兄さんのJ君の健闘を讃えて、リポートします。

まずはパイプの先のアメ状になったガラスにJくんのチョイスしたオレンジの色ガラスをまぶして
DSC02527.jpg

小さめに吹いたあと、濡れた新聞紙でおそるおそる卵形に成形→あたためる
DSC02530.jpg



また少し吹いて今度は重力を利用して、振り子の要領で振り縦に伸ばす
→あたためる
DSC02534.jpg

底に別パイプを密着させて
DSC02538.jpg

元のパイプを1回叩いて口の部分が出現(ここの動作は何度見ても気持良いです)
→あたためる
DSC02539.jpg

グラスの口を成形する練習をして
DSC02540.jpg
いざ!
DSC02541.jpg

底にJくんの「J」サインを入れてもらいました。
冷却室で1日冷ましてからのお引き渡し
早速明日取りにこられるお約束をいただきました。
DSC02543.jpg

終わってほっとしての笑顔「楽しかったぁ」とJくん
オリジナルマイグラスで飲み干す味はどんなでしょうね!
DSC02544.jpg

先に体験を終えた二人もニコニコ
DSC02525.jpg

時間にして20分ほどですが、
終えたあとの充実感と涼しげなマイグラスで
しばし暑さを忘れるひとときでしょうか




| 別館 | 22:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日ワークショップ日和!その1篆刻

夏休みもそろそろ終わりを意識し始めたころ…
今日の「篆刻」や「吹きガラス体験」は、
小学生の姿も目立ちました。

ほぼ毎回初心者の方々で少しばかり緊張した雰囲気で始まる「篆刻」。
それも束の間それぞれが石に彫刻刀を立て、
先生の声が小さな会場に溢れ始めるとすっかり18㎜角の小宇宙に夢中になります。
DSC02523.jpg
篆書にした名前の印が素晴らしい仕上がりの6年生のA君。
先生も絶賛!
DSC02522.jpg

DSC02545.jpg
個性ある作品が並びました。


次回は・・・
11月4日(日)  
  午前の部 10:00~
  午後の部 13:00~
  参加費3000円(茶菓付、入館料含む)
  ご予約096-352-4597まで
暮れや年始のご挨拶に一押しすれば、いっそう心こもった一枚に。
今年最後の「篆刻」、ご参加お持ちしております。

| イベントのご案内 | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓮井幹生アーティストトーク

蓮井幹生さんの写真家としての魅力はもちろんのこと、
今日のアーティストトークにご参加された方みなさん、
そのおしゃべりの楽しいことに驚かれたのではないでしょうか。
DSC02511.jpg

DSC02514.jpg


デジタルとフィルムの違いをはじめ写真にまつわる専門的なこと、
それぞれの展示作品に込められた写っているものの背景にある思い、
3月11日の大震災のこと、
これまで手がけてきたキュービーやHONDAなどの数々のコマーシャルフォトについて。。。

宇宙人との遭遇や
水木しげるさんに蓮井さんが「妖怪」と言われているイキサツも面白うございました。
その中で、水木さんとのお仕事で気づいた被写体の自然にある影や靄などに精霊を感じることが、
万物に対する畏敬の念に繋がればと、
子どもたちの写真鑑賞とのこれからにも話は及びました。

質疑応答含めてみっちり2時間が夢のように過ぎた幸せな午後のひとときでした。
DSC02517.jpg 写真集にサイン、写真も快く応じてくださった蓮井氏


写真展は12日まで。
20120708_2307902[1]

ぜひぜひご覧ください。




| イベントのご案内 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。