2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蓮井幹生写真展 蓮井まきアクセサリー展始まります。

台風の余波で庭の青紅葉が宙を大きく泳ぐ今朝、
東京からの便は、無事蓮井幹生、蓮井まきのご夫妻を乗せてまいりました。
一同一安心のあいさつが終わるや
それぞれの会場設営を勢い良くスタート。
??
まきさんの今回のテーマは「JAPANESE PLANTS」
日本古来の植物をモチーフにしたアクセサリーとドローイング。
目にも涼しげなディスプレイ
0.jpeg
全て受注にて承ります。


蓮井幹生さんは3つのスペース別にテーマをわけて
0-1.jpeg
「PEACE LAND 九州」シリーズがぐるり

0-2.jpeg
「詠む写真」は5、7、5で展示

共に12日まで。
蝉の声に負けないほどのたくさんの方でにぎわいますように!
8月4日(土)14:00〜蓮井幹生アーテイストトーク
参加費2000円(1ドリンク付き)
ご予約は 096−352−4597 まで。
展示作品の解説、これまでこれからのお仕事のことはもちろん
プライベートまで、軽快におはなしくださいます。

 
スポンサーサイト

| ギャラリー展示 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

馬場勝とし・樺山明 木と鉄の二人展スタート!

蝉の声がにぎやかになるこの時期、
今年も馬場勝としさんの樟をつかった作品展が始まりました。
今回は樺山明さんの鉄との組み合わせで
「木のもの 鉄のもの」7月30日までです。

DSC02504.jpg
トレーの一隅に空いた穴は、壁掛けできるように工夫されたもの。
見た目も使い勝手もちょうどいいと人気です。

DSC02506.jpg
小ぶりなちゃぶ台は3つ足。壁に添わせることもできますね。
真ん中のおへそはなんでしょう

DSC02505.jpg
甘い香りが漂いそうな洋ナシのブックホルダー


DSC02497.jpg
壁のアクセントにもなるヤモリのフック

DSC02498.jpg
キャンドルホルダーは形も大きさもさまざまに登場してます

DSC02500.jpg
ゴールドのカトラリ―もきれい

どうぞお気軽に会場に涼みにいらしてください。


本館展示「ぶしとむし」展もオシャレな昆虫標本と兜が勢ぞろいで
お待ちしております。
保護者同伴の小学生は入場無料です。
夏休みの自由研究にもどうぞ。
DSC02392.jpg

DSC02401.jpg

DSC02385.jpg

| ギャラリー展示 | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子ども会の皆様にご来館いただきました。

昨日から学校は夏休みなのですね。
本日は朝から4町内子ども会の皆様にご来館いただきました。
DSC02484.jpg
本館展示のテーマが「ぶしとむし」。
昆虫好きのお子さんにも楽しんでいただける内容となっております。
生体や形が武士の意匠に大きな影響を与えている様を、
実際の標本を見ながら、見比べることができます。
DSC02485.jpg

DSC02488.jpg
本館展示の後は只今ギャラリーで開催中安井建二さんの陶展内で、
特別に催されていたミニコンサートにも参加いただきました。

DSC02492.jpg
そして最後は別館工房での吹きガラスの見学です。
窯の熱で暑かったと思いますが、いかがだったでしょうか。

長い長い夏休みが始まったばかりですね。
いろんな事を見たり、聞いたり、体験したりして是非有意義な夏休みにしていただきたいと思います。

また、本館展示「ぶしとむし」は保護者同伴の小学生は入場無料となっておりますので、
またゆっくり遊びにいらして下さい。


| 本館展示 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のギャラリーの風景

DSC02464.jpg
「くもり空続け・・・」(「蟲刺繍」展 かたつむり)


DSC02476.jpg DSC02470_20120721112804.jpg
DSC02471_20120721112803.jpg DSC02472_20120721112802.jpg
安井健二さんの花卉が、ダリヤ、黒っぽいクリスマスローズで映え

| ギャラリー展示 | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安井建二 百石百態 始まりました

庭のあちらこちらで、蝉の抜け殻を発見。
どうぞここ最近のスコールのような大雨にやられませんよう。。。

7月19日(木)から、三角西港(宇土市)に築窯して3年を迎えた
安井建二さんの陶展が始まります。
百石百態
自然の石より型取りし、掛花入を100個制作中。
30/100を今回展示いたします。
百石百態 (2)
ひたすら蒔をくべ形から態にと心を注入した作品が並びます。
中山育さんの花とともに。
DSC02456.jpg
DSC02461.jpg

23日(月)まで

| ギャラリー展示 | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金澤3兄弟と丸尾焼展開催中

紀録的な大雨の会期になってしまった
「SUPER MARUO BROTHERS」の陶展。
DSC02447.jpg

これ以上被害が広がりませんようにと願いながら
テルテル坊主とともに。
1年前の第1回の金澤兄弟の作品展からさらに
それぞれのこだわりが色濃くなっております。
DSC02427_20120715005458.jpg

素焼きのマット感と釉薬のかかったところのグロス感が
おしゃれなボトルは金澤祐哉さん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DSC02421.jpg
金澤宏紀さんのグレーの陶箱にはどんな大切なものを仕舞いましょうか
DSC02434.jpg
薄い大鉢に筆跡がこの季節に清々しい印象

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グルグル模様が楽しい器は金澤尚宜さん
DSC02413_20120712181925.jpg

DSC02420_20120715005457.jpgDSC02419.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
丸尾焼の器も所狭しと並んでます
ちょこちょこ設定がかわってて楽しい
DSC02450.jpg DSC02449.jpg


天草までしばらく足を運べない。。。という方は是非
シマビギャラリーまで!お急ぎください。7月16日まで。
兄弟揃っておまちしております!
金澤兄弟

| ギャラリー展示 | 01:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ぶしとむし」展 まもなくスタートです

front.jpg
「ぶしとむし」ってナンなの?シマビ!
このたびは、兜の立物に多い鍬形(くわがた)と絵画に多く登場する鳥という「はね」をもった蟲と鳥に注目し、昆虫標本とあわせて展示することにより、自然界を巧みにデザイン化した武家文化の好みに迫ってみようとするものです。(ですが、実はこの鍬形の由来は昆虫のくわがたでなく。。。のはなしは、7月14日開催のニュージアムトークにて。お楽しみに!)

「ぶしとむし」展は、保護者同伴の小学生は無料ですよ
DSC02378.jpg
入館者は、こんな奇抜な兜をかぶることもできます。
作家藤本イサム氏の力作 黄金コブラ形兜です。
DSC02380.jpg
武将プチ体験をどうぞ。
(鉢が小さいので、小学生くらいまででしょうか。。。写メもok)

また便乗企画で、刺繍で昆虫展「蟲刺繍」してます。
s3opj08vswgt.jpg

気の遠くなるようなチクチク仕事をしているのは、ながふちなほみさん。
P1030195.jpg どれが刺繍ハナムグリでしょう
2年前当館ギャラリーにて開催された「ファッショナブルな虫達」で、
まさにファッショナブルすぎる虫たちに圧倒され、
何度も会場に通い、その虫を自分のものにするには、自分でつくるしかない!との結論が、
この刺繍展の出発点です。すごい。。。
P1030203.jpg刺繍アゲハはどちらでしょう
こちらはギャラリーの一角ですから、入場自由!
虫キライの方も嫌々でも是非ご覧いただきたく存じます。

7月14日(土)には、島田館長によるミュージアムトークが10:30から展示室にて行われます。(入館料のみ必要 ご予約は352−4597まで)
8月18日(土)には、篆刻のワークショップもあります。
ご予約受付中です!

シマビの夏休み企画展、7月11日よりスタート!どうぞ宜しくお願いします。

| 本館展示 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まもなく始まるギャラリーは丸尾焼!

SUPER MARUO BROTHERS EXHIBITION VOL.2
7.12-7.16
20120626_2296683.jpg

丸尾三兄弟 金澤佑哉 宏紀 尚宜による作陶展。同じ生活、同じ仕事をしているのにどうしてこんなにも違うのか!!個性の違いに満ち溢れた器たち。そして、どうしてもかかせない ONE 金澤一弘の器。

ギャラリーD(蔵)ではMaruoyaki Labo〜天草陶石のブロック、タイルetc.・・・そして、定番の丸尾焼の展示を開催致します。雨雲の去った陽射しの中、気持ちいい空気の島田美術館にてお待ちしています。

DSC00917s_20120706233007.jpg金澤佑哉 kanazawa yu-ya
DSC00907s_20120706233008.jpg金澤宏紀 kanazawa hiroki
DSC00885s_20120706233009.jpg金澤尚宜 kanazawa naoki


| 本館展示 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。