2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京の風吹いてます!!!

関西弁にぎやかな会期がはじまりました
京都を中心に活躍する個性豊かな4人展

会場入り口では、京からの風を思わせる森口信一さんの作品がお出迎え
DSC02298.jpgではまず栗の木のくすんだ色合いとノミ跡の力強さが独特の森口さんのご紹介から
DSC02284.jpg
石川県の今はダムのそこに沈んだ我谷村で作られていた盆の魅力を広める存在です
DSC02294.jpg
断崖を思わせる花器 ドクダミ一輪が映えます


艶をおさえた赤織部による造形豊かな作品が目をひく片山雅美さん
DSC02271.jpg
DSC02302.jpg
DSC02289.jpg
大きく見えますが、水滴です
DSC02305.jpg




DSC02279.jpg
過去の川西幹雄さんのヒトの形の作品をみておめもじするのを楽しみにしていたのですが、
当ギャラリーに登場したのは、口元の気になるこの方でした
DSC02272.jpg
家屋を作るのも楽しいと語る川西さん 
これは○○だそうです 是非会場でお確かめください!
DSC02295.jpg
掛けはな 仕掛けは花弁を覗き込んでくださいませ
DSC02276.jpg


マルチなクリエーターとして活躍された田積司朗さんが亡くなられて4年。
田積司朗_作品02M
10枚の版画が語りかけてくるものにじっくり向かい合いたい
京の風にのって田積司朗_作品03M


6月3日(日)まで。
 *入場自由


スポンサーサイト

| ギャラリー展示 | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月19日開催ミュージアムトーク報告

DSC00645_20120505112014.jpg

宮本武蔵の命日である5月19日は、
句と、白い花をつけたドクダミを一輪添えます。
では、今年の2句をご紹介

二天忌は 蕺草(どくだみ)一輪 家傳にて

武蔵忌を待つ花もあり 巌道(いわおみち)

宮本武蔵にちなんだイベントとして、
現在開催中の「武の源流」展のミュージアムトークを行いました。
DSC02258.jpg
武蔵と同時代人の加藤清正が豊臣政権の家臣として頭角を現すきっかけとなったともいえる
「賤ヶ岳の戦い」が描かれた矢旗を前に、
武蔵、清正、細川忠興の優れた時代感覚について、
展示資料の解説を交えながらトークは展開。

DSC02266.jpg
このたび個人の方から特別にお借りした武蔵の座像についての
解説にも熱の入る島田館長。
参加者のみなさま、
肥後熊本の「武の源流」を今に感じて見ていただくことができましたでしょうか!

では、また次回7月のミュージアムトークもお楽しみに!
詳しくは後日HPのワークショップのご案内にて。






| 本館展示 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B2リミット 大畑晶子展はじまる

49枚の広告ポスターの作品展
20120517_2344483.jpg
「あっこのポスターみたみた!」の楽しみあり、
コピーににんまりしたり。
20120517_2344484.jpg
welcome動画もまた一見です。
DSC02263.jpgラジオにインタビュー生出演中の大畑さん

B2判サイズの制限の中でのデザイナー大畑晶子のしごとぶり
5月24日まで。

| ギャラリー展示 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワークショップのご案内

ワークショップのご案内■ 

ニ天忌にちなむ催し 終了
 5月19日の宮本武蔵命日

 1 古典・古物にふれる楽しみ
    「近世肥後 武の源流考」
    当館館長によるミュージアムトーク
    5月19日(土)午前10時30分~12時
    会場:島田美術館
    参加費:入館料のみ必要
     
 2 武蔵にちなむ投句歓迎
    「ニ天忌句会」
   
 撰者 岩岡中正・野田遊三・星永文夫先生
    5月20日(日)午後1時~3時
    会場:熊本近代文学館

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花のじかん  近日開催予定
 講師:亀甲知佳
 季節花それぞれの表情を生かすコーディネート vol.1
 2012年6月2日(土) 10:30~12:00 
 季節の花と花器。
 
 お花を生けたことのない方にとっては、「生ける」という第一歩がなかなか踏み出せないことも。
 お花をいけることは、自分と向き合う『じかん』を過ごすこと。
 生活が鮮やかに変化する。そんなひとときを過ごしてみませんか?

 テーマ:あめふりなどの6月

 亀甲知佳プロフィール
 祖父、母共に池坊華道家。本人は、古典から現代まで幅広くてがけている。
 2009年島田美術館ギャラリーにて「再生」花展を開催。
 
 ・参加費:3000円
 (花、花器、オアシス代などの材料費・お茶代・本館入館料含む)
 ・ご持参いただく物:花バサミ(万能バサミでも)・花のお持ち帰り用の袋、新聞紙
 *前日と当日のキャンセルは、代金をいただきます。
 

 ご予約・お問合せ・・・島田美術館 tel 096-352-4597

| イベントのご案内 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はお茶会。

過ごしやすい気候になり、本日のお茶会はカフェ「木のけむり」のテラスにて。
DSC02246.jpg
うす曇りの中先生が準備をされていました。
今日のお茶は岩茶。
DSC02248.jpg
烏龍茶の1種岩茶は体を温める効果があるとのこと。
冬に限らず冷え症の方が多い女性には年中おすすめのお茶だそうです。
お茶の良い香りがお庭にほのかに漂います。
茶色い急須はお茶の渋味をとってくれて、まあるい味にしてくれるのだとか。
先生の穏やかな説明を聞いた後に生徒の皆さんが挑戦されています。
小さな茶器を扱う時に、普段は気にしていない手の所作が強調されて美しいですね。

後半はスリランカのお茶でミルクティーの淹れ方です。
DSC02253.jpg
濁らず美しい琥珀色のお茶を淹れるには?
今日のシロップは三温糖で作ってあります。
シロップの作り方も教えて下さいます。

DSC02257.jpg
シロップを混ぜたコップに氷を入れ、氷をつたわせる様にクリームと牛乳を入れると二層になり、
お店で出されたアイスティーの様です!

次回のお茶会は6月9日(土)、10日(日)でございます。




| スタッフ記 | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

casa BRUTUS にご紹介いただきました。

casa BRUTUS 2012年6月号
1217008.jpg
九州の友人が教えてくれた、
「九州、2泊3日。」

P.157で長崎書店長崎健一様より当館をご紹介いただいております。

熊本の温故知新を満喫できる旅、是非お立ち寄り下さいませ。

| 当館掲載新聞・雑誌紹介 | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。