2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篆刻 第5回 第6回

本日篆刻ワークショップの第5回、第6回が午前午後に分けて開催されました。

まずは午前の部。
テーマは もうすぐバレンタインデー企画
「贈り物にする印を彫る」
P1303594.jpg

本日もたくさんの方にご参加いただきました。
P1303599.jpg
毎回初心者とは思えない出来ばえに先生方も感心されています。
素敵な印ができました!
大切な方へ素敵な印ができたのではないでしょうか。
ご自分へのプレゼントとして彫られた方もいらっしゃいました。
大切な世界にひとつの印。楽しくじゃんじゃん押して下さい。

次ぎは午後の部です。
テーマは ガラシャ腰巻(当館所蔵)の文様
「宝づくし文様を彫る」
細川ガラシャは、現在NHK大河ドラマの「江姫」と同じく戦国の世を生きた女性です。信長の斡旋によって細川家に嫁ぎました。秀吉の禁教令が出された直後に洗礼し、「神の恩寵」とういう意味の「ガラシャ」という洗礼名を受け、熱心なキリスト教信者でありました。関ヶ原合戦に先立つ2カ月前に大阪城外の細川邸で自害しましたので、息子忠利が熊本初代藩主になったことなど勿論知る余地もありませんし、肥後熊本に来たこともありません。
そのガラシャ所用の腰巻として、細川の分家であります内膳家に伝来したものです。腰巻とは、上級武家の婦人が夏に着用する薄手の着物の上に重ね、袖を通さずに腰のまわりにまとうようにしてつけた小袖の一種です。吉祥文様が丁寧に刺繍されていますが、一つ一つ形や色彩の異なる手仕事の繊細優美な仕上がりに目を見張らされます。

まずは、実際腰巻を御覧いただきイメージをふくらませていただきました。
P1303607.jpg
今回は赤ちゃんを連れて参加のお母さんも。
赤ちゃんはすやすや。彫りあがるまでぐっすりでした。

P1303606.jpg
こんな複雑な文様を彫るテーマは初めてでした。
お時間がかかるのではないのか、
と心配していましたが素晴らしい出来ばえでした!

P1303605.jpg
篆刻

毎回お茶とお菓子が付きますが、
本日は午前の部がバレンタインデー間近ということで、生チョコとお紅茶。
午後の部が写真の白玉あんこと緑茶を。
P1303609.jpg


次回は2月16日水曜日、午後14:00を予定しております。
皆様のご参加お待ちしております。


スポンサーサイト

| 教養講座 | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のギャラリー風景

まさに大寒!
去年もこんなに厳しかったでしょうか?
近年暖冬の思い出ばかりで、寒さが身にこたえます。

現在ギャラリーにて開催中の
*馬場氏のコレクションビーズ展*

展示会場にはコレクションと共に、梅の木が生けてあるのですが、
蕾だったものがちらりほらりと咲き出しました。
DSC00200.jpg
DSC00201.jpg
DSC00203.jpg


DSC00205.jpg
作成過程を見学できます。
美しく、貴重なコレクションビーズたちが
馬場氏の手によってアクセサリーとして形を変えていきます。

明日がいよいよ最終日となっております。
沢山の年月を経た貴重なビーズの数々。

皆様のお越しをお待ちしております。






| ギャラリー展示 | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肥後まり出来た!

「肥後まり」のワークショップは、カフェ木のけむりの薪ストーブを囲んで、
ゆったり少人数で和やかに進みました。
DSC00139.jpg DSC00169.jpg
参加者全員初心者、挑んだのは「つばき」の模様の大玉。
皆それぞれ手元に集中しつつ
「あれっ糸が~!」「おかしいなぁ」とかつぶやきながら・・・
DSC00177.jpg国際民藝館のヤマグマさんに整えていただく

DSC00164.jpg DSC00180.jpg
自作のまりに感激。小学4年生も頑張りました!
次は小さいまりで他の模様に挑戦したいとのこと。
次回の企画をお楽しみに。

| イベントのご案内 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

馬場氏のコレクションビーズ展スタート

THE INHERITANCE OF BEAUTY
1月23日まで ギャラリーAにて
DSC00152.jpg DSC00146.jpg
菊と梅が大胆に生けられた会場にちりばめられた古代ビーズの数々
DSC00158.jpg DSC00154.jpg
銀化したガラスの美しさは独特
DSC00151.jpg DSC00149.jpg



雪もちらつく寒さですが、是非会場にいらしてください!

| ギャラリー展示 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

篆刻 第4回

新年最初のワークショップ「篆刻」の第4回が本日催されました。

DSC00114.jpg
たくさんの方々にご参加いただきました。

DSC00115_20110112164800.jpg
まずはトレーシングペーパーにデザインをおこし、
それを印に鉛筆で下書きします。
その際反対の文字になるように気をつけて!

DSC00113_20110112164800.jpg
お一人づつに丁寧にご指導いただいています。
参加された方のアンケートにも、毎回先生のギャグを交えた文字に関するお話が楽しかったと好評です。
篆刻というと難しいのでは?!っと思っておそるおそる参加される方もいらっしゃいますが、
すぐにリラックスして、一心不乱に作品に集中されています。

DSC00122.jpg
今回も皆さん9割の方が初心者とおっしゃっていましたが、
いやいやとてもそんな風にはみえない立派な作品ができあがりました!

次回は1月30日(日)午前と午後にわけて開催いたします。
詳細はこちらから

皆様のご参加をお待ちしております。

| 教養講座 | 17:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年最初のギャラリー プレオープン!

「松の内」も昨日で終わり、ごあいさつも「寒中見舞い」へと移りました。
蹲や池に薄氷が連日見られましたが、今朝はまた一段と冷えた様子。
氷の下のメダカたち…心配になりますが、雪や氷をみるとハレな気持ちになりるのは、
まだまだお正月気分から抜けきれてないからでしょうか・・・
DSC00109.jpg DSC00110.jpg

THE INHERITANCE OF BEAUTY
HIDEHIKO BABA ACCESSORY EXHIBITION
DSC00083.jpg DSC00089.jpg DSC00090.jpg
15日からスタートする個展に向けて、準備が始まりました。
美術館収蔵品級の馬場氏のコレクションのほんの一部ですが、
一つ一つ飾りつけられるたび、紀元前という途方もない時間を経た
ガラスの存在に、会場が特別な空気に変わっていきました。
菊と松の花も見事な15日までのプレオープンも是非見にいらしてください!

| ギャラリー展示 | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も宜しくお願いいたします

一年で最も寒い「寒の内」に入っての開館となりました。
地域の身近で小さな美術館として、今年も宜しくお願い致します。


DSC00023_20110107172052.jpg新年を迎えた「根つき松」
水引作家内野敏子さんの紅梅の水引を添えて


DSC00024_20110107172123.jpg DSC00025.jpg雪正月とは何年ぶりでしょうか。

DSC00517.jpg 今回の展示に出品されている生き人形師松本喜三郎作の兎の前立(兜の正面につけるアクセサリー)と矢野良勝筆の「清見富士図」を拝んで、さぁ初仕事!



| 未分類 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。