| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本館新展示スタート

otoko.jpg

新しい展示で神無月をはじめました

【肥後・熊本の江戸時代】
http://www.shimada-museum.net/event.html

爽やかな秋風にゆれるオトコエシの白い小花がゆれる庭先
今年の紅葉の具合がいまから気になります
スポンサーサイト

| 本館展示 | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本館展示より

春を迎えて、本館展示も一新にスタートしております

あらゆる意匠を絵にして楽しんだ>「近世人の絵のある暮らし」より
本館チラシ - コピー

かわいくて、うつくしく、ちいさきものを今日はピックアップしてご紹介します
IMG_6940[1]
ミニチュアの飯事道具 細かな染付にココロ奪われます


IMG_6942[1]
紙などを入れて懐中して使用する箱迫
バンドも細部までオシャレです。
こんなクラッチバックがほしい・・・とショーウィンドーを眺める気分になりませんか!

ちいさきものはいとをかし、
うつくしくて、かわいければ、なおをかし!

江戸時代の女性との感覚のつながりを感じるものは
ほかにも展示してます

・・・・6月30日まで開催中・・・・・

| 本館展示 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もよろしくお願いいたします

写真
24節季のひとつ「小寒」らしい寒さのなか、
新年をスタートしたシマビです。
小さな美術館だからこそできることを念頭に、
「なんだか気になる場所」となれますよう、
本年も精進いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

本館展示は、
江戸時代後期歌川派を中心とした錦絵をご紹介しております。
   HPはこちらから

ギャラリーは、
肥後象眼の始祖林又七の生誕400年を記念して、
1月9日より白木光虎工房展を催します。
会期中 会場にて自分のデザインを象眼する体験もできます(各日先着にて)
今日の熊本日日新聞夕刊に、4代目白木良明氏がクローズアップ!
写真2


明日6日も寒いはず・・・
写真1
薪ストーブで暖かいカフェ木のけむりでは、
6日限定で新年のご挨拶としてご注文された方に、なにやらおまけがつくそうですよ(数に限りがございますが・・・)

| 本館展示 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

現在の展示「合戦絵の世界」も残すところあと1日となりました。
今年もたくさんのお客様にお越しいただきまして、
誠にありがとうございました。
年内は12月24日(月・祝)まで、年始は1月5日(土)からとなります。

本館展示【田舎武士の江戸土産-錦絵に見る、近くて遠い江戸-】

江戸時代後期、藩主参勤のお伴で江戸へ行った多くの武士たちの手頃な土産として
地方武士の家にも江戸の浮世絵が伝わりました。
テレビも新聞雑誌もなかった時代に、都市生活の新しくまた享楽的な風俗や雰囲気を、
もっとも明解ヴィジュアルにかつ刺激的に伝える情報手段の一つでもあったのでしょう。
後期歌川派の芝居絵、役者絵、名所絵でご紹介します。


■特別常設展示細川ガラシャ、宮本武蔵 関連資料

■ミュージアムトーク
 テーマ 田舎武士の江戸土産
 日時:1月26日(土)13:30~15:00
 場所:島田美術館本館
 講師:島田真祐
 *入館料が必要です(要予約)



ギャラリーのおしらせ 休館日:火曜 但し祝祭日開館

☆1月9日(水)~14日(月)
 林又七生誕4百年記念・白木光虎工房展
 
 象眼とは、ヤスリのような鉄板のくぼみに、純金と純銀を小槌で打ち込む作業。
 細川氏の肥後入国後、細川三斎の指導の元、刀装金具の制作が盛んになり、
 象眼の技術が発達しました。肥後象眼の始祖林又七の素晴しい感性や独創性を
 現代に活かす活動を目指して、白木光虎と光虎工房で育った8名が
 決意表明をする特別展、各種工房展への出品作を中心に各自の自信作等を100点展示。

<体験講座>
“あなただけのオリジナル象眼”
 あなたのデザインで世界に一つの作品をつくりませんか。
 根付ストラップが作成できます。
 熊本を代表する伝統工芸に触れてみませんか
 手ぶらで参加できます。
 開催日時:平成25年1月9日(水)~14日(月)会期中実施
 受付:午前の部10:00~、午後の部13:00~15:00
 料金:3,500円(送料込み)(午前3名、午後5名:先着順)


| 本館展示 | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年カレンダーできました!

おまたせいたしました、2013年カレンダー!
出来立てです!
2ヶ月めくりで、登場する我らが清正公のオールカラー、
かきこみもしやすくなりました。

2013年カレンダー_4425trim

「加藤清正略々伝」¥1,000(税込)
(美術館受付にて販売)
年末年始のご挨拶にもどうぞ

| 本館展示 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。